きょうと修学旅行ナビ

見学スポット

岩倉具視幽棲旧宅(いわくらともみゆうせいきゅうたく)

幕末〜明治期の代表的な政治家である岩倉具視(文政8-明治16,1825-1883)が,佐幕派と見なされ攘夷運動の高まりの中で一時失脚して岩倉村に隠棲,当旧宅は文久4年(1864)から慶応3年(1867)までの3年間住居としたもので,昭和7年(1932)に国の史跡に指定された。また,対岳文庫は展示・収蔵施設として昭和3年(1928)に建てられ,現在も岩倉具視関係品を展示している。建物は平成19年(2007)に国の登録有形文化財となっている。

電話番号 075-781-7984
ファックス番号 075-781-7984
ホームページ 公式ホームページ
営業日・時間 ●9:00〜17:00(入場は16:30まで)
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
備考欄 【駐車場】なし
住所 〒606-0017 京都市左京区岩倉上蔵町100
アクセス 京都バス「岩倉実相院」下車南へ3分
・叡山電車 岩倉駅から北へ徒歩20分