きょうと修学旅行ナビ

見学スポット

仁和寺(にんなじ)

平安時代の中ごろ、宇多天皇が仁和寺をつくり、寺内に御座所(御室=おむろ)を設けたことから、それがいつしか地名となり、今では御室の仁和寺といわれるようになっています。二王門(重文)などは徳川家光が寄進したものです。本尊の阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)の書など数多くの国宝があります。平成6年に世界文化遺産(せかいぶんかいさん)に登録されました。また、境内のサクラは「御室の桜」いわれ、嵐山のサクラとともに京都の名所になっています。

電話番号 075-461-1155
ファックス番号 075-464-4070
ホームページ 公式ホームページ
メールアドレス メールを送る
営業日・時間 【時間】9時〜16時半(受付終了:16時)※無休
備考欄 【駐車場】バス12台、車120台
【車イス用トイレ】車いす対応(駐車場内にある)
【障害物】二王門と東門から入ると中門の階段が障害。西門は10cmの階段が2段で入り易いが介助は要2人。金堂ほか境内自由。御殿拝観は通用門から(スロープ)。拭けばOK。入り口2段。渡り廊下にも段差あり。
住所 〒616-8092 京都市右京区御室大内33
アクセス 市バス「御室仁和寺」下車すぐ、JRバス「御室仁和寺」下車すぐ、嵐電御室仁和寺駅下車徒歩3分